うつ病の知人にエフェクサーの差し入れ|教えておく副作用の用心

MENU

新しい抗うつ薬、エフェクサー

海外では既に販売をされている、「エフェクサー」という抗うつ薬。
うつ病に対するものとして代表的なこの医薬品が2015年、日本でも発売されました。日本名では「イフェクサーSRカプセル」という名称です。

エフェクサーは実は新薬というわけではなく、1993年よりスイスで発売を開始しました。その後90カ国以上で使用されている実績のあるお薬です。
一般名(いわゆる成分名の事です)はベンラファキシンといい、SNRIという種類の抗うつ薬です。
神経伝達物質であるセロトニンとノルアドレナリンを増やし、うつ状態から回復をさせます。
この物質は気分に関係するもので、さらにドーパミンを合わせて「三大神経伝達物質(モノアミン)」とも呼ばれます。

うつ病はこの三大神経伝達物質の低下が一因であると考えられています。
それぞれ、セロトニンは精神に安らぎを与える作用があり、ノルアドレナリンは意欲ややる気を増やします。ドーパミンは快楽物質とも呼ばれており、これらの物質は喜怒哀楽を司っていると言っても過言ではありません。

うつ病は頭痛や腰痛などの痛みを伴うことも多いことが明らかになってきました。特にノルアドレナリンは痛みを抑える効果があるため、エフェクサーは痛みを伴ったうつ病に対しても効果が非常に高いのです。

非常に有用なエフェクサーですが、副作用もあります。吐き気や眠気、ふらつき、口の乾きなどが現れる場合があります。
飲み始めに副作用が頻繁に現れます。しかし、1~2週間ほど続ければ次第に治まってきます。
また離脱症状も比較的現れやすいといいます。作用時間が短いため、体から薬が抜けるのが早いためです。そのため、多量に服用してしまう可能性もあるので気を付けましょう。

しっかりとした効果が期待できるエフェクサー。サインバルタやトレドミンに続くSNRIのエフェクサーが加わることにより選択肢が増え、うつ病患者の人にとっても有意義なことだといえます。